製品情報:産業用
製品情報:住宅用
ニュース

太陽光発電を導入する前に!覚えておくべき名義変更の事情3点

COLUMN
お役立ちコラム

太陽光発電 税金・補助金

太陽光発電を導入する前に!覚えておくべき名義変更の事情3点

太陽光発電システムは、戸建てを中心に高い人気があります。その人気の一方で、売電に関する税金や契約に関する疑問を持っている方も多いようです。ここでは、太陽光発電を導入する前に確認しておきたい、名義変更にまつわるトピックをご紹介していきます。

そもそも契約者の名義変更はできる?できない?

太陽光発電の設備を家庭に取り付けた場合、これらの設備から発生した電気を売るためには、発電事業者としての登録をしなければなりません。この際に、申請者が契約の名義人として登録されますが、この名義は申請後であっても問題なく変更をすることが可能です。法律上、発電事業の譲渡という扱いになるため、譲渡契約が必要になりますが、親族の間での名義変更であれば問題なく行うことができます。名義変更の申請は、現名義人の方が『軽微変更届』というものを、経済産業省に届け出ることによって完了します。

手続き自体は個人で行うことも可能ですが、一般的には太陽光発電システムなどを提供している運営会社に代行をしてもらうといった形が多いようです。軽微変更届に添付する書類は、どのような名義変更に該当するかによって変わってきます。例えば、法人での契約をしている場合や相続の場合など、それぞれで提出書類は変わってきますので、担当の太陽光発電システム会社などに問い合わせをしてみましょう。

名義変更することによって起こり得る影響とは?

原則として、名義変更にかかる税金の発生はありません。また、名義変更をしたからといって、買い取り価格や契約期間などが変更されることもありませんので、変更前と変わるところは名義だけというのが基本です。ただし、太陽光発電システムの名義変更は、事業の継承や贈与として扱われることから、稀に贈与税の発生が疑われるケースがあります。

この部分に関しては、それぞれの契約状況や運用状況によって大きく異なってくるため、税理士などの専門家に相談するようにしましょう。このほか、トラブル防止などの観点から、名義の変更を行った両者間(譲渡人と譲受人)の承諾証明書が必要になることもあります。さらに、名義変更後は、電力会社や太陽光発電システム提供会社などとのやり取りに関して、名義人の承諾がいるということも忘れないようにしておきましょう。契約内容の変更などが後々考えられる場合には、すぐに連絡を取ることができない人に名義を移してしまうと、変更のたびにとても大変な思いをすることになります。ここまでみてきたように、名義変更自体は問題なく容易にすることができますが、それに伴って起こり得るさまざまな影響も考慮しておくようにしましょう。

名義変更後の確定申告はどうなる!?節税対策にもなるの?

太陽光発電システムから発生した電力のうち、使わなかったものは電力会社へ売電することができます。この際に、発生した収入は税務上、所得として計上され、年間20万円を超えた場合には、雑所得として確定申告の対象になります。太陽光発電システムの名義変更を考える方の多くは、世帯主から妻などに名義を移すことによって節税効果を得ることができるのかどうか、疑問に思っている方も多いことでしょう。この点に関しては、世帯によって状況が異なるため、一概にいうことはできませんが、所得税の節税効果はあるとするのが一般的なようです。ちなみに、確定申告は原則、電力会社との売電契約をしている名義人が申告の対象者となりますので、注意しておきましょう。

太陽光発電システムの設備の購入者や電力会社との売電契約者など、名義人にもさまざまな対象がありますので、それぞれしっかりと確認と把握をしておくことが大切です。太陽光発電システムをこれから導入する場合には、ここで取り上げたようなポイントに注意して、事前に検討しておくといいでしょう。

お問い合わせはこちら
03-5802-6209(土日祝除く 9:00〜18:00)