産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報

住宅用太陽光発電の気になる10年後の姿

お役立ちコラム
COLUMN

住宅用

住宅用太陽光発電の気になる10年後の姿

太陽光から電気を作るエコなエネルギーとして注目されている太陽光発電は、自宅やオフィスなどで作った電気を自分たちで消費するだけではなく、電力会社に余った分の電気を売ることができます。そのため、時間が経てば設備導入や設置にかかった費用が売電によって取り戻せることがあり、地球に優しく家計にも優しいエネルギーと言うことができます。そこで気になるのは、太陽光発電の10年後の姿です。10年後もきちんと電気を売ることができるのか不安な人もいるかもしれません。太陽光発電に明るい未来はあるのでしょうか。

住宅で作った電気には10年の買取保証がある!

散歩やドライブをしていると、ソーラーパネルを屋根に乗せた家が増えてきていることに気づくことがあるでしょう。電力自由化の流れもあってか、電気に対して高い関心を持つ人が多くなった証拠かもしれません。住宅用太陽光発電の余剰電力を売電する際には、政府による10年間の固定価格買取制度といううれしい制度があることを覚えておきましょう。

これは、発電開始から10年間は一定の価格で余剰電力を買い取ることを約束したもので、10年後までは確実に最初に決められた単価で売電が可能なことを意味しています。例えば5年後にその年度の売電単価が大きく下がってしまったとしても、固定価格買取制度のおかげで最初に決められた単価をそのまま10年間維持することができます。

10年保証が過ぎたらどうなるの?

そこで多くの人が疑問に思うのは、10年を過ぎたらどうなるのかということでしょう。10年という数字は、ソーラーパネルの設置など初期費用が売電によって取り戻せるとされる目安です。そのため、10年を過ぎた後の売電は個人の利益になるという想定で、政府の援助は打ち切られます。

その後は発電および電気の事業者と話し合って売電価格を決めるように推奨されているため、10年後に制度が変わり売電そのものができなくなるという可能性は低いと考えられます。単価が下がるか上がるかは10年後の状況を見なければわかりませんが、マーケットの動向によって売電価格が決まることでしょう

10年後にはさまざまな使い道がある

10年後も売電ができたとしても、電力の単価は政府の補助なしでは卸値程度に下がることが予想されています。単価が下がるので高い収入を見込める確率は低くなりますが、10年後はテクノロジーが今よりももっと進化し、蓄電池の性能が向上したり、電気自動車への活用も考えられたりと、電気が使用できる範囲が大きく広がっていることでしょう。

太陽光発電は環境に優しい再生可能エネルギーの一種なので、今後も研究開発が世界的に進められることが考えられます。電気自動車がより一般的になった場合、自宅で車に充電することでガソリン代を払う必要がなくなる未来がくるかもしれません。また、蓄電池の容量が大きくなり、電気を蓄えておける時間が長くなれば、天気が悪い日でも電力会社から一切電気を購入せずに自分たちだけで電気をまかなえるようになる可能性もあります。災害が起きて停電した時などでも自家発電した電気を蓄えられるので、万が一の時に蓄電池のありがたさを実感できるでしょう。

10年後も太陽光発電の未来は明るい

住宅用太陽光発電には、政府による余剰電力の固定価格買取制度があり、10年後には初期費用がまかなえるように計算されています。つまり、初期に出費が出るものの、住宅用太陽光発電は収入が予想しやすい優れた電力と言うことができます。10年後も売電を継続したり、蓄電池に電気を蓄電したりと、住宅用太陽光発電の電力の使い道は色々考えられます。住宅用のソーラーパネルの設置には自治体によって補助が出る場合もあるので、環境に配慮した再生可能エネルギーである太陽光発電の導入を、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら
03-5802-6209(土日祝除く 9:00〜18:00)