産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報

住宅用太陽光発電に必要なパワーコンディショナ

お役立ちコラム
COLUMN

住宅用

住宅用太陽光発電に必要なパワーコンディショナ

太陽光発電設備というとソーラーパネルに目がいきがちですが、パワーコンディショナにも気を配る必要があります。パワーコンディショナは太陽光発電を効率的に行うための重要な機器です。そこで、住宅用のパワーコンディショナの機能と設置場所、そして効率的な電力を生み出すための選び方についてお伝えします。

太陽光発電にはパワーコンディショナが不可欠

太陽光発電を行うためには、さまざまな機器が必要になります。まずソーラーパネルが目につきますが、それ以外にも重要な役割を果たす代表的な機器があります。それがパワーコンディショナです。パワーコンディショナには3つの役割があります。

1つ目は、ソーラーパネルが生み出した直流の電気を交流の電気に変える役割です。家庭内で使える電気は交流電流で、直流電流のままでは使えません。
2つ目は、ソーラーパネルで生み出す発電量を最大化する役割です。ソーラーによる発電は、天候などの気象条件によってその電圧や発電量が変化します。この変動する電圧と電流から導き出される最大量の電力を常に調整して取り出す役割を果たすのがパワーコンディショナなのです。
3つ目は、電気事故を防ぐ役割です。送電にトラブルがあると、家庭内の電気器具がダメージを受けるだけでなく、近隣の家も巻き込んだトラブルになってしまう可能性があります。そういったことがないよう保護する機能がパワーコンディショナには付いています。

パワーコンディショナの設置に最適な場所とは?

パワーコンディショナは重要な役割を果たしますので、その性能が十分発揮されるように設置場所にも気を配る必要があります。まず気を付けたい点が、パワーコンディショナとブレーカーの位置関係です。ソーラーパネルで生み出された電気はパワーコンディショナで直流から交流に変換されてブレーカーに流れていきます。その後、各部屋などに電気が供給されることになります。

このとき、ブレーカーとの距離が長くなってしまうとケーブルでの電力ロスが大きくなってしまいます。また、ケーブルが長くなると電力抑制が起きる可能性が高くなり発電効率が落ちてしまいます。そのため、ブレーカーに近い位置に設置することが大切です。ただし、パワーコンディショナの周辺は一定のスペースを確保する必要があるため、ブレーカーの近くに設置できないこともあります。そういった場合は、屋外設置型のものを選ぶという選択肢もあります。

パワーコンディショナの選び方で発電効率が変わる

そもそもどんなパワーコンディショナを選んだらよいかについて悩んでいる人もいるでしょう。パワーコンディショナの性能を決める基本的な要素としては、直流から交流への変換効率、最大定格出力などがあります。特に、変換効率は、太陽光発電設備全体の効率に大きな影響を与える重要なポイントとなりますので、その点に注目してパワーコンディショナを選ぶとよいでしょう。

通常の変換効率は95%程度のものが多いですが、中には97%程度の効率を達成している製品もあります。また、最大定格出力もパワーコンディショナ選びの基準としては無視できない重要な要素です。ソーラーパネルの出力に対してパワーコンディショナの最大定格出力が上回っていないと、せっかくソーラーパネルが生み出した電力を活かせない場合があります。ソーラーパネルの生み出す電力に合った最大定格出力を備えているパワーコンディショナを選ぶことが大切です。

太陽光発電におけるパワーコンディショナの重要性

ソーラーパネルが生み出した電力が原材料だとすれば、パワーコンディショナは原材料を使える電力という製品に変える工場だといえるでしょう。パワーコンディショナがなければ、せっかくソーラーパネルが生み出した電力を安全に使うことも、効率的に使うこともできません。そのため、太陽光発電をする場合は、パワーコンディショナの重要性を理解しておくことが大切です。その機能を理解し、長期間安定して機能するような場所に設置する必要がありますし、発電効率を最大にするものを選ぶ必要があります。

太陽光発電設備を導入したら、その能力を最大限発揮させ、家庭内の電力をまかなった上で、できる限り売電収入を得たいと考えるはずです。そのために重要な機能を果たすパワーコンディショナの重要性を正しく理解することが、太陽光発電投資を成功させるポイントとなるでしょう。

お問い合わせはこちら
03-5802-6209(土日祝除く 9:00〜18:00)