産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報

太陽光を売電して経費節減につなげよう!

お役立ちコラム
COLUMN

住宅用

太陽光を売電して経費節減につなげよう!

太陽光の売電という言葉をご存知でしょうか。自宅や事務所などに太陽光発電を導入している場合、発電された電力の余剰分を電力会社が買い取ってくれる制度のことをいいます。正式には、固定価格買取制度(FiT)といいます。太陽光の売電を活用することによって、無駄なく効率的に電力を活かすことができ、結果、家計の助けや経費の節減につながるというわけです。

太陽光は売電しやすい再生可能エネルギー

売電という制度があるのなら、別に太陽光発電でなくてもいいのではないか、と思われる方もいるかもしれません。しかし、売電というのは太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーだからこそ、できるものなのです。そもそも通常の電力は、使用する分だけ供給される仕組みになっています。一方で、太陽光発電は日中発電し続け、蓄電池で貯めておく仕組みです。

その貯まっている電力を実際に消費していくのですが、消費しきれなかった分は電力会社が買い取ってくれるのです。逆に、貯まっている以上に電力を消費してしまった場合は、その分を電力会社から購入することになります。 太陽光発電でなくても、風力発電や地熱発電といった他の再生可能エネルギーも、売電することはできます。ただし、安定供給や発電量、売電価格といった点から、同じ再生可能エネルギーのなかでも、太陽光発電は非常に売電しやすいエネルギーだといえます。

太陽光を売電するために必要なものとは?

では、実際に太陽光を売電するためには、どのようなものが必要で、何をすればいいのでしょうか。まず当然ですが、太陽光発電のための設備を導入している必要があります。その際、注意して欲しいのは、発電システムだけでなく、電力を貯めておく蓄電池も導入しておく必要がある点です。蓄電池の導入にはもちろん費用がかかりますが、太陽光発電システム同様、補助金の対象にもなるので、そういった助成制度は上手く活用するといいでしょう。 

あとは電力会社と契約を結ぶわけですが、売電価格も電力会社によって異なります。現在では電力自由化によって、様々な電力会社から選ぶことができます。電力会社の選定にあたっては、売電価格も重要な選定基準のひとつになるでしょう。

太陽光の特徴を知って上手に売電!

さて、太陽光発電を導入して、どうせ売電するのであれば、できるだけ売電による収入を増やしたいものです。そのためには、太陽光発電の特徴を上手く活用する必要があります。 ポイントのひとつは、発電出力です。この発電出力、実は10kWを越えるか越えないかで大きな違いがあるのです。10kW未満の場合は、使い切れなかった分だけを売電できる余剰電力買取制度というものに該当します。

こちらは売電期間が10年間に設定されていて、少なくとも設置してから10年間は設定価格で売電することができます。裏を返せば、11年目以降は価格も、そもそも売電できるかどうかも保証されていません。10kW以上の場合は、発電した全ての電力が売電の対象となります。自給よりも売電をメインとしたい場合はこちらのケースになりますね。 また、「出力制御対応機器」の存在も、売電価格に大きく影響します。

「出力制御対応機器」とは、発電された電力が需要を大きく上回ったときに電力会社が発電量を制御できる機器のことです。この機器があることで、余剰電力の発電量が制限されてしまい、売電できる量が少なくなってしまうわけです。そして、この機器の設置義務が課されることになっています。ただし、当面は東京電力・中部電力・関西電力といった電力需要の大きい地域の管内は、その対象外となっています。

とはいえ、出力制御対応機器の設置が義務付けられている地域は、その分、売電単価が高く設定されているので、そもそも余剰電力がそこまで発生しないような家庭・事務所であれば、気にする必要はないかもしれません。 その他、上手に売電するコツとしては、やはり、日々どれだけ節電できるかによるでしょう。

太陽光発電の場合、発電される電力はコントロールできないため、消費電力を抑えれば抑えただけ、売電できる量が増えるというわけです。節電が収入に変わるのですから、節電をどれだけ楽しめるかも、上手に売電するポイントになるでしょう。

お問い合わせはこちら
03-5802-6209(土日祝除く 9:00〜18:00)