産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報

「需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業」においてリソースアグリゲーターとして採択されました。

ニュース
NEWS

LATEST NEWS最新のお知らせ

2017.08.31 NEWS

「需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業」においてリソースアグリゲーターとして採択されました。

再生可能エネルギー中心に事業活動を行う小売電気事業者の株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下 Looop)は、経済産業省 の平成 29 年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」において、SB エナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下「SB エナジー」)が親アグリゲータとして実証を行う九州電力管内においてのリソースアグリゲーター事業者として採択されました。
 
バーチャルパワープラント(以下「VPP」)は、高度なエネルギーマネジメントにより自然エネルギーの発電設備と電力需要家側の蓄電設備(電気自動車を含む)を統合的に制御することで、全体で仮想の発電所のように機能させる技術です。
ご家庭での発電・蓄電もその範囲となり、1つ1つが小規模でも束ねてマネジメントすることで大規模な発電設備に匹敵する電力調整機能を持ちえます。当社は、蓄電池を活用し効率的に需給バランスを整え、これまで電力を使うだけであった消費者の元に置かれた自家発電設備・蓄電を通して電力の需要と供給をコントロールすることを本実証を通じて試みます。
 
こちらに採択されたことにより、九州電力管内のお客様は、国からの補助金により、Looopでんちの導入援助を受けることができます。
Looopが提供する業界最安値クラスの蓄電池ソリューションである「Looopでんち」を是非ご検討ください。

【本件に関する詳しい内容のお問い合わせ、参加お申込み条件のお問い合わせ】
※本実証事業は、国・各地自治体からの補助金を受けますので、申込みに制約があります。
詳しくはお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-6629-7909(平日 9:00~18:00)
Webからのお問い合わせ:Looopでんちサイトはこちら
需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業の説明についてはこちら
お問い合わせはこちら
03-5802-6209(土日祝除く 9:00〜18:00)