社外活動

ラピュタ大作戦 in 那須

2020.10.05

子どもたちの思い出作りの場が失われている

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、学校行事が次々と中止となっています。「楽しみにしていた修学旅行にも行けなかった」と、残念がる子どもたちの声を聞き、Looopは未来を担う子どもたちの創造性を育む、思い出作りプログラムを開発することにしました。

開発にあたって立ち上がったのは、新卒プロジェクトマネージャーの永井と、同じく2020年新卒有志5名。将来は社外から広く参加者を募るプログラムに育てようという意気込みではありますが、第一回目は社員の子どもたちの中から希望者を募ることとしました。感染症対策に細心の注意を払った上で、2020年8月、栃木県の那須町で「ラピュタ大作戦 in 那須」と題してプログラムを実施しました。

新幹線の那須塩原駅で子どもたちは親たちと別れ、Looop社員と共に那須町へ。3つのチームに分かれて自己紹介。さらに、小さな風船で予行演習をした後、本番用の大きな布に子どもたちの好きなことや、夢を描きます。

みんなで力を合わせて、直径2mの大風船にのせます。

子どもたちの夢をのせた「ラピュタ」が大空に浮かびました。

Looop Resort NASU

ラピュタ大作戦の後は、那須町にある宿泊施設「Looop Resort NASU」へ。自然との共生をテーマに、発電設備と住環境を兼ね備えた施設では、かご型のブランコが子どもたちに大人気。夕食のバーベキューをみんなで楽しみました。

翌日は沼ッ原湿原でチーム対抗インスタ映えフォトコンテスト。大自然の中、チームみんなで撮影スポットを探します。年長者が小さい子たちを気遣い、子ども同士の絆を深めました。

Looop Resort NASUに戻って、営農型太陽光発電設備の下で、農業体験。

今回参加してくれた子どもたちとスタッフ全員で記念撮影をして、帰途につきました。帰り道で子どもたちから自然に「楽しかった」と感想をいただき、スタッフ一同、胸をなでおろしました。反省会からの留意点、展開ポイントを記録して、未来を担う子どもたちが再生可能エネルギーを身近に体験できるアクティビティとして、来年は広く参加募集が出来るようなプログラムに育てていきます。

一覧へ戻る