Environmental Assessment Case

環境アセスメント事例


諏訪市四賀ソーラー事業(仮称)

事業概要

事業名称 諏訪市四賀ソーラー事業(仮)
事業実施場所 長野県諏訪市四賀
事業規模 196.5ha
太陽光パネル設置面積 88.6ha
準拠法令・条例 長野県環境影響評価条例制度

事業の背景と目的

事業の背景と目的

本事業の計画地は、上桑原牧野農業協同組合、霧ヶ峰上桑原共有地組合、上桑原山林組合が所有する山林です。
3組合は、70年程前に設立された組合で、一部転出している組合員の除き長野県諏訪市四賀地区居住者の組合員で構成され、組合員数は、上桑原牧野農業協同組合と上桑原共有地組合が200〜250程、上桑原山林組合が200名程になります。
本事業計画地は、40〜50年程前までは、組合が牧草地として活用していましたが、その需要が逓減していく中で、植林が行われ現在の状態に至っています。

続きを読む

説明会実施状況

直近の説明会実施 茅野市米沢地区準備書事前説明会(2/25)

過去の説明会状況についてはこちら

環境アセスメントの手続き状況

手続名称 公告日・縦覧期間 技術委員会開催状況
環境影響評価方法書 平成28年1月20日~平成28年2月19日

【技術委員会】

平成27年度
第5回 (平成28年1月21日)
第6回 (平成28年2月19日)
第7回 (平成28年3月14日)
平成28年度
第1回 (平成28年4月22日)
諏訪市長意見(PDF:242KB)
平成28年3月11日
茅野市長意見(PDF:282KB)
平成28年3月11日
技術委員会意見(PDF:246KB)
平成28年5月19日
知事意見(PDF:281KB)
平成28年6月3日

※PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader が必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

で表記されているリンクは、長野県のウェブサイトとなります。