過酷な環境に耐える強さと長寿命。
日本で設計・デザインされた日本品質の高性能パネル「NEXTOUGH(ネクスタフ)®」

「100年たっても壊れないソーラーパネルをつくる」という信念のもと、構成する部材を根本から見直し、いくつもの試作と長い年月をかけて、次世代(NEXT)の耐久性(TOUGH)を実現した「NEXTOUGH(ネクスタフ)®」。 その耐久性を支えるのは、セルの両面を強化ガラスで挟んだ「DUAL GLASS PROTECT」です。日本で設計・デザインされ、細部に至るまで厳しい目が行き届いた高性能パネルは、高温、低温、高湿をはじめ、強風、積雪、塩害など、屋外の過酷な環境下でも長期間安定して発電し続けます。次世代の耐久性を備えることで、太陽光発電は親から子へ受け継がれる資産へと変わりました。

両面ガラスパネル「NEXTOUGH®」の特長

安心+安全+タフな両面ガラス構造の革新的モジュール。

業界屈指のタフさを実現する「DUAL GLASS PROTECT」
表裏に強化ガラスを採用
ソーラーパネルの片面にバックシートを用いた従来型は、紫外線や水、熱、砂などでダメージを受けやすいという欠点がありました。NEXTOUGH®は経年劣化の少ない強化ガラスを両手に採用することで、驚きの耐久性を実現しました。
太陽光を余すことなく取り込むARコーティング
ガラス面の表面には太陽光の反射を抑えるARコーティングを施しました。太陽光によるソーラーパネルのギラつきを軽減するほか、光を効率的に取り込むため吸収量もアップします。

フレーム付きでありながら軽量化を実現。

NEXTOUGH®は、耐久性と扱いやすさの両立を目指し、2.0mm強化ガラスの採用によりフレーム付き両面ガラスパネルで23kgという驚異の軽量化を実現しました。架台や屋根への負担を減らすと共に、一般的な工法でも扱えることから施工費の軽減につながるなど、様々な利点を生み出します。

ハイクオリティでありながら低価格。汎用性を高めることで扱いやすさと低コストを追求。

 他社両面ガラス製品NEXTOUGH®
運搬フレームがないため運搬時のリスクありフレーム保護があるため運搬時のリスクを軽減
架台特殊架台を使用。特殊な構造のパネル留め具が必須一般的な架台で設置可能

品質試験

トップクオリティの追求。

NEXTOUGH®は、厳格な試験を実施することで知られる、ドイツの認証機関TUV Rheinland Group(テュフ ラインランド グループ)のテストをはじめ、国際規格を大幅に超える過酷な品質試験を第三者機関にて独自に実施。高い基準をクリアしています。

TOUGH1 強風・積雪

強風や積雪は、屋外に設置されたソーラーパネルをおびやかす代表的な自然条件です。NEXTOUGH®は、過酷な環境に耐えられるように設計され、強風・積雪に負けない頼もしい荷加重性を獲得。IEC規格を大きく上回る強度を実現しました。

  • ※IEC規格とは、国際電気標準会議が制定する国際規格で、電気・電子分野において、国際的な標準化を行っています。

特性の異なる3つの耐荷試験を実施

試験結果試験前と試験後にソーラーパネルのヒビ割れ及び破損を確認

試験結果国際品質規格を大幅に超える耐荷性が実証されました

TOUGH2 塩害

島国である日本において、塩害への備えは重要な対策のひとつです。強風により沿岸部でなくても、海から塩が運ばれてくる地域もあり、内陸部でも注意が必要です。バックシートを使用する通常のパネルと違い、NEXTOUGH®は優れた封止材や強化ガラスを使用していますので、塩害に対しても通常のパネルと比較すると、より耐性があります。

ソーラーパネルに塩水を吹きかける塩水噴霧試験を実施

一般試験条件認証基準IEC60068条件
15〜35℃ 環境下で5%の塩水溶液を2時間噴霧
温度40℃、湿度93%の実験室で7日間放置
試験上記通常条件を8セット 合計56日間実施

試験結果試験前と試験後にソーラーパネルの腐食状況を確認中

TOUGH3 高温度・低温度・高湿度

ソーラーパネルは意外にも暑さが苦手です。さらに日本の高湿度の気候は、あらゆる部材の劣化を招く過酷な環境と言えます。NEXTOUGH®は、様々な厳しい環境下でも、長期間不具合を起こさなずに太陽光を着実に電気に変換する耐久性を備えています。

高温、低温、高湿の環境下での損傷の有無、安全性の維持を確認

一般試験条件認証基準IEC62804条件
65℃/85%RH条件下で1,000時間 1,000V
NEXTOUGH追加試験上記通常条件の5倍 5,000時間検証済
一般試験条件認証基準IEC62804条件
-40℃〜85度、1日5サイクル、200サイクル
NEXTOUGH追加試験上記通常条件の5倍 1,000サイクル検証済

試験結果長期間過酷な環境に晒されても高い出力を維持 50年相当の試験をクリア

TOUGH4 PID現象

PID現象とは、高温多湿な環境下でソーラーパネルに高い電圧がかかると、回路内の電気が漏れ、発電量が大幅に低下する現象です。NEXTOUGH®は、独自の設計と性能試験の繰り返しにより、PIDのテストをクリアしています。

通常パネル単位で行うPID試験をセル単位で実施

一般試験条件認証基準IEC62804条件
65℃/85%RH条件下で96時間 1,000V
NEXTOUGH追加試験85℃/85%の条件で300時間 1,500V実施
一般試験条件認証基準IEC62804条件
60℃/85%RH条件下で96時間 1,000V
NEXTOUGH追加試験85℃/85%の条件で300時間 1,000V実施

試験結果試験後にPID現象の有無を確認

サポート

長期保証は、品質に対する自信の証。

第三者認証機関による認証テストに合格したNEXTOUGH®を、さらに安心して長くお使いいただくために、業界でもトップ水準の30年間リニア出力保証を付帯いたしました。
1年ごとに出力を保証するリニア出力保証。1年ごとに設定された出力水準を下回った場合、修理または交換をさせていただきます。
耐久力に自信のあるNEXTOUGH®だからこそ可能な長期保証です。

一般的な2段階出力保証

保証条件
1年目〜10年目公称最大出力の90%未満
11年目〜20年目公称最大出力の85%未満
20年目以降保証なしもしくは有償

30年間リニア出力保証

保証条件
1年目公称最大出力の97%未満
2年目〜10年目1年毎に0.778%を超えて低下した場合
11年目〜30年目1年毎に0.5%を超えて低下した場合

製品仕様

 

多結晶

単結晶

型番LP-270P-60W-009LP-290M-60W-009
公称最大出力270W290W
公称最大出力動作電流(lpm)8.58A8.99A
公称最大出力動作電圧(Vpm)31.52V32.33V
公称短絡電流(lsc)9.01A9.58A
公称開放電圧(Voc)38.24V39.86V
セル実効変換効率(JPEA計算方式)18.4%19.7%
基本設計4本バスバー、60枚セル、アルミフレーム付き
封止材白EVA(オプション:透明EVA)
重量約23kg
外形寸法(mm)1658x992x35mm
耐荷重性能耐雪圧10,000Pa、耐風圧3,600Pa
運転温度−40℃ ~ +85℃
lscの温度係数+0.069%/K~+0.073%/K
Vscの温度係数-0.31%/K
Pmの温度係数-0.43%/K
最大システム電圧(IEC)DC1000V
  • Looopでんき:0120-707-454(365日 9:00〜20:00) 太陽光発電製品などその他:03-5802-6209(土日祝除く 9:00〜18:00)
  • 太陽光発電についてWEBでお問いあわせ
  • 太陽光発電所パネル設置シミュレーターへ