Vol.2 千葉県千葉市 瀬戸山様
「志」は大切ですから。そういう面でLooopがいいと決めました。

基本情報

設置場所 千葉県千葉市
製品名 MY発電所キット®60
(1セット)
発電所容量 60kW
系統連系 2014年12月
用地 平地

※現在は MY発電所キット®78 が相当品です

POWER BANK合同会社 代表社員 瀬戸山様

太陽光発電を始めてみようと思ったきっかけ、理由について教えてください。

POWER BANK合同会社の創業は2013年です。POWER BANKの親会社は株式会社丸山工務店です。丸山工務店の方は古くからある会社で、今年で創業55年です。
建設事業を主体としてずっとやってきた会社です。

POWER BANK 創業の契機は3月11日東日本大震災。エネルギーについて真剣に考え始め再生可能エネルギーの買取制度があるということがわかったものですから。やっぱり過度の原発依存はリスクが高く感じられましたし、少しでも環境に優しい自然エネルギーで電気を作るのがいいよねという基本的なスタンスができあがりました。この考えの下で、前の代表がPOWER BANK という会社をつくりました。当初は10メガワットくらいを目標に、とにかく沢山やろうやという風に考えていましたね。

Looopをお選びいただいた理由について教えてください。

当初はLooopを知らないものですから、別の業者さんに頼んで700kWの発電所を作ってもらったんです。この他に千葉北にも自社の土地がある、日光にも少し土地があるということで、ちょこちょこと土地があったものですから、まずは自分の土地に作ろうよということで2つ目3つ目ということで計画していたんです。

そこで太陽光発電の専門誌を眺めていたらLooopが載ってました。誌面では「Looopの太陽光発電所は手作りで・・」と書いてあるじゃないですか。しかも必要な部材をひとまとめにしてセットで販売するというじゃないですか。60kWセット売りみたいなのがあるから、「これいいじゃないか!」というので決めましたね。

それとLooopの社長のコメントが良かったです。中村社長は中国からわざわざ福島へ行って、電気がない所へ電気を作ってあげたんですよね?Looopはそこからスタートしたというわけだから精神がいいじゃないですか。志は大切ですからやっぱりそういう面でもLooopがいいんじゃないってことになって決めました。私が直接電話してみたんです。「まずちょっと来てくれ」ということで。

太陽光発電設備の導入前に感じられた不安や心配について教えてください。

千葉北の太陽光発電所では、隣接する土地が宅地になり、たとえば二階建ての家でも建ってしまったら・・・と考えました。ソーラーパネルを標準的な高さで平置きしてると、日陰などの影響を受け追々後悔することになるかもしれないなということで、最初からパネルの面を3Mほどの高所に上げて建設しました。特別に設計してもらって作りました。

その他には心配はほとんどありませんでした。万が一何かあっても保険がありますからね。地震以外は全部カバーする発電所保険があるので、そういう意味で心配は無用だと思います。

真の意味で太陽光発電システムに何が起こるか・・・それが明確になってくるのはこれからですよね。まだ10年も20年も太陽光発電事業をやってる人は、日本にはいないわけですから。

今後どういったことが起こるのかという面では、故障対応とメンテナンスは重視しています。一般的に、低圧はメンテナンスフリーといわれていますが全くのメンテナンスフリーってことはないはずです。発電所が5、 6年と経ったとき、メンテナンスや点検・故障対応に力を入れていかないといけないですね。自分の物ぐらい点検できるようでないとと考えています。

設置、施工に関して良かった点、気になった点などがありましたらお聞かせください。

一つは、太陽光発電に必要な全ての部材がまとめられたセットでの販売だったことが関心を引きました。発電事業家側からして、それってすごく楽できるってことじゃないですか。二つ目には「自分で作れる」というDIYのスタイルも良かったです。手作り感もあったし。

私たちは建設業をやっていますので、社内にも作り手はいっぱいいるんです。いるんですけど自分の手で太陽光発電を建設するっていうのはやっぱりコストがかかるし、手間と時間を取っちゃうと思いました。そこはプロに頼んだ方がいいに決まってるんですよ。それでも基本的に土地のレベルの問題だとか整地だとか杭を打ったりだとか、そういうことに関しては当然我々もかなりの経験がありますから、お互いに協力しながら太陽光発電所を建設したようなイメージですね。

導入後の発電量や収益はご期待通りでしたか?お気づきの点があれば教えてください。

千葉北の発電所は事前のシミュレーションよりも15%ほど多く電気を作ってくれています。

 

Looopへの今後のご期待をお聞かせください

発電所のメンテナンスですね。私も先日知ったばかりなんですが、多結晶ソーラーパネルのごく一部が汚れるとパネルの発電量が大きく減ってしまうようなことがあります。でも勉強しないとそういうことを知らずに過ごしてしまいます。そういう面で簡易な点検や清掃などのメンテナンスをみんなが簡単に自分でできるようなマニュアルって言うのかな、そういうものまでMY発電所キットに付属していればものすごく親切ですよね。

あとは発電所のセキュリティです。これもMY発電所キットの部材として組み込めないかという部分に期待しています。発電所部材とセキュリティ関連の部材、セットで提供した方が喜ばれるのではないでしょうか。今回は、盗難防止のために弊社でカメラ、センサーを取り付けました。

それとLooopには頑張ってもらって末永く事業を継続していただかないと我々MY発電所キット購入者はみな困ります。少なくとも20年間以上は走り続けてもらわないといけない。まあ、中村社長をはじめ従業員の皆様は相当頑張っていらっしゃいますから大丈夫でしょう。

今後太陽光発電を始める方へのアドバイスがあればお願いします。

事業計画が非常に重要です。投資した分をしっかりと回収することが大切です。

投資したお金を回収するのに最低でも7年とか8年とかかかるじゃないですか。ですから私どももまだまだ不安は尽きません。たとえば出力が 60kWくらいの太陽光発電所だと個人の方が建てることも多いですよね。あるいは小さな企業が多いんじゃないですかね。ですからやはり回収性が心配ですよね。

POWER BANK合同会社
代表社員 瀬戸山 秀登 様

プロフィール
千葉県習志野市でPOWER BANK合同会社を創業し、経営にあたる。
親会社となる株式会社丸山工務店で建設業に従事し、多数の建築・建設物に取り組む。過去には10年に及ぶ大規模なダム設備の建設とあわせ水力発電所の建設や火力発電所の建設などエネルギー関係設備にも携わる。POWER BANKでは、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー設備の開発を推進する。
  • Looopでんき:0120-707-454(365日 9:00〜20:00) 太陽光発電製品などその他:03-5802-6209(土日祝除く 9:00〜18:00)
  • 太陽光発電についてWEBでお問いあわせ
  • 太陽光発電所パネル設置シミュレーターへ