Looop
HOME  >  トピックス  > 

水中ポストプロジェクト

2021.12.16

活動報告

水中ポストプロジェクト

海底18000㎜から感謝の気持ちを届ける

Looop恒例、海底に設置されたポストから年賀状を投函するユニークな社内行事「水中ポストプロジェクト」を2021年12月4日(土)に行いました。
「海底18000㎜から感謝の気持ちを届ける」―この思いから始まった本プロジェクトも今回で3回目になりました。
今回もマリンスポーツをこよなく愛するメンバーが集まった「Looop海部」が中心となって静岡県伊東市富戸にあるIOP(伊豆海洋公園)から年賀状を投函してきました。

2022年版の年賀状デザイン

毎年社内公募の中から社長の中村が選ぶLooopの年賀状。
力作揃いなので中村は毎回ひどく悩むのだそうです。
今回は2022年の干支の寅に縁起物とSDGsを掛け合わせた斬新なデザインを採用しました。

今回の投函枚数は1500枚。
ダイビングセンターにラミネート加工を今回ご協力頂き、無事に海底から投函することが出来ました。
皆様ご協力どうもありがとうございました。

年賀状投函

投函時はそれぞれサンタとトナカイに扮装しました。
当日はとても寒く、また波も強くコンディションはよいとは言えない状態でしたが、終了後には達成感で参加者の表情は輝いていました。

創立から満10年という節目を越え、11年目となる2022年。
日頃の感謝を伝え、さらなるご愛顧やご指導ご鞭撻を願って、冬の海から年賀状をお送りいたしました。
年賀状に取り入れたSDGsのデザインのように、次世代へ日本の伝統と自然豊かな世界を引き継ぎ、
Looopは今後も様々な取り組みを通して、皆さまの記憶に残るような喜んでいただけるサービスを提供してまいります。

一覧へ戻る