NEWS

INFOMATION

2020.09.23 製品・サービス

「エネブロック」新発売 容量と設置場所が自由に選べる新しいタイプの蓄電池システム

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、太陽光パネルの発電量と余剰量に合わせて蓄電容量を選べる新型蓄電池システム「エネブロック」を10月1日から販売開始します。

自由に容量を選択できる汎用性
従来の蓄電池は容量が固定されているタイプが多く、太陽光発電設備の容量が小さい場合、蓄電池容量が過剰となったり、逆に太陽光の容量が大きい場合、蓄電池の容量が不足することがありました。
「エネブロック」は最小蓄電容量が2.4kWhで、太陽光発電設備の容量に合わせて、蓄電池の小さい容量を選択することができ、一度設置した後でも最大14.4kWhまで追加工事不要で連結することができる画期的なシステムです。細やかに容量設計ができるこのシステムは、各ご家庭のシステム構成に対して最適な蓄電容量を提案でき、過剰容量による余計なコストを回避できる製品です。既存のパワーコンディショナを使用することもできるため*、汎用性にも優れています。
*一部例外あり

屋内のデッドスペースを活用できる画期的なレイアウト
「エネブロック」は横44㎝、縦9㎝、奥行き41㎝のコンパクトなサイズとなっています。蓄電池本体がコンパクトなため、これまで家屋の外に設置していた蓄電池システムを全てクローゼットの中や天井裏などに設置することができます。これにより、高温や低温による影響を受けにくくなり、塩害地にも対応できます。また、高い位置に置けば水害時に水没するリスク回避にもなります。


また、停電時は必要不可欠な家電や電灯に電力を供給する特定負荷タイプ(100V/最大出力2kW)と、200V仕様のエアコンやエコキュートを含む宅内全ての電気(200V含む/最大出力3kW)を丸ごとバックアップできる全負荷タイプが選択できます。

無料専用アプリで充放電の可視化
さらに、ご自宅のWi-Fiに接続することで、スマートフォンアプリから発電・充電・放電状況をリアルタイムに確認することができます。また夜間の電力使用量や、バッテリーの動作時間などもわかります。


エネブロックウェブサイト https://looop.co.jp/smartlife/eneblock/

Looopは、優れた蓄電池システムの開発を通じて、太陽光発電および再生可能エネルギーの普及を推進します。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Looop コンタクトセンター
TEL:03-4577-9001(平日9:00~18:00)
Webからのお問い合わせ:お問い合わせフォーム

一覧へ戻る