NEWS

INFOMATION

2021.09.24 プレスリリース

再生可能エネルギーファンド「こもれびファンド1号」を組成 ESG投資を誘致


再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、完全子会社である株式会社Looopコミュニティ(以下、Looopコミュニティ)を通じて、国内の太陽光発電所を投資対象とするファンド「こもれびファンド1号」(以下、本ファンド)を組成し、2021年9月24日に初回のアセット組入を実行したことをお知らせします。

Looopは脱炭素社会の実現に向け、再生可能エネルギー発電所の開発・取得を積極的に進めています。加えて、一層の高まりを見せる投資家のESG投資へのニーズに応え再エネに対する投資機会を提供するため、COMOREBI合同会社設立し、金融商品取引業者(第二種業、投資助言・代理業)であるLooopコミュニティがアセットマネージャーとなり、再エネ発電所をファンド化する取り組みを推進しています。

第一号となる本ファンドには、京葉瓦斯株式会社、京葉ガスエナジーソリューション株式会社、Looopが出資参画し、最長20年間の運用を予定しています。初回組入は、Looopが開発した稼働済みの高圧太陽光発電所3件が組入対象で、今後2023年3月までに順次追加組入を行い、資産総額累計50億円での運用を計画しています。投資対象を稼働済みの太陽光発電所とすることで、参画投資家に長期安定的なリターンを還元するよう努め、各社の再エネ投資ポートフォリオの拡大に寄与します。本ファンドに対しては、株式会社あおぞら銀行がアレンジャーとしてプロジェクトファイナンスによる融資を実施します。今後の組入資産規模の拡大に応じ、追加融資の実施、複数レンダーの参画が可能なスキームを構築しています。

本ファンドの組成・募集・運用を行うLooopコミュニティは、今後も国内外における多様なファンドを企画し、世界の再エネ投資の最適化と最大化に貢献していきます。Looopは、本ファンドを活用して再エネ発電所の開発・取得を一層推進していきます。

本ファンドの概略スキーム図

こもれびファンド1号 概要
名称: こもれびファンド1号
匿名組合員:
京葉瓦斯株式会社
京葉ガスエナジーソリューション株式会社
株式会社Looop
私募取扱業者/アセットマネージャー: 株式会社Looopコミュニティ
組成期間: 2021年9月~2023年3月
運用期間: 最長20年間
投資対象: 日本国内の稼働済み太陽光発電所
ファンド規模: 資産総額50億円(予定)

初回組入アセット概要

事業用地 発電容量 発電開始時期 売電先
群馬県前橋市(約0.9ha) 788.4kW 2017年3月 東京電力エナジー
パートナー株式会社
岡山県倉敷市(約6.9ha) 2,256.48kW 2017年1月 中国電力株式会社
広島県三次市(約1.3ha) 1,023.36kW 2017年3月 中国電力株式会社


Looopコミュニティ概要

株式会社Looopコミュニティ
代表者: 代表取締役 桔梗 聡
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野3丁目23番6号
設立:  2012年10月1日
登録: 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2713号
(第二種金融商品取引業、投資助言・代理業)
加入団体:一般社団法人 日本投資顧問業協会
URL: https://looop-community.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Looop コンタクトセンター
TEL:03-4577-9001(平日9:00~18:00)
Webからのお問い合わせ:お問い合わせフォーム

一覧へ戻る