LOOOP

HOME  >  ニュース  > 

東急不動産と業務提携 再エネ発電所開発・運営の新事業モデル構築などで協業

2021.10.29

プレスリリース

東急不動産と業務提携 再エネ発電所開発・運営の新事業モデル構築などで協業

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 社長執行役員 岡田 正志、以下東急不動産)と、業務提携契約を締結し、同時に東急不動産を引き受け先として第三者割当増資を行いましたのでお知らせいたします。

Looopは再生可能エネルギーの最大普及を通じた「エネルギーフリー社会の実現」をビジョンとして、太陽光発電所の開発運営から、国内外での自家消費のシステムの施工・管理、電力小売事業まで、電力に関わる一気通貫のサービスを展開しています。

東急不動産は2014年の再生可能エネルギー事業への参入以降、急速に事業規模を拡大し、2021年9月末現在において、太陽光・風力・バイオマス発電所を合計で68事業、定格容量1,201MW(※)を保有しており、原子力発電所1基分以上の発電能力を持っています。
※共同事業を含む総関与事業の値

今回の業務提携を通じて、両社はお互いが持つ顧客基盤と経営資源を組み合わせ、再生可能エネルギー発電所の開発・運営と新事業モデルの構築等に関する協業を検討してまいります。

Looopは電気の「創る・コントロールする・届ける」の一気通貫の事業領域から生まれる知見を本業務提携においてもいかんなく発揮し、高まる脱炭素化の需要に応えてまいります。

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Looop コンタクトセンター
TEL:03-4577-9001(平日9:00~18:00)
Webからのお問い合わせ:お問い合わせフォーム

一覧へ戻る