Looop
HOME  >  ニュース  > 

Looopが日経産業新聞で紹介されました。

2014.03.26

メディア掲載

Looopが日経産業新聞で紹介されました。

株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下 Looop)は、 2014年3月17日(月)付の日経産業新聞に掲載されました。

「太陽光発電を遠隔監視 ~ループがシステム 異常時に警報~」
2014年3月17日(月)付 日経産業新聞 15面

Looop は発電所遠隔監視システム「みえるーぷ」について大幅な機能拡充を図った新モデルを3/18より発売することを発表しました。この新「みえるーぷ」の発表を受け日経産業新聞でLooop が紹介されました。

「みえるーぷ」は、インターネット技術を使用しご家庭や事業所にあるPCで発電所の稼働状況をモニタリングできる製品です。2013年の発売以来、数多くの発電所で導入され実績を重ねています。

今回発表を迎えました新「みえるーぷ」で新たに付加された機能は次の通りです。

(1) 視機能を追加 パワコンのトラブルや各種アラート発生時にメール通報、同時にWEB画面上でお知らせします。
(2) 複数のパワコンを比較してチェック
(3) 日射計、温度計をオプションで追加可能
(4) ストリング監視機能を追加※
※田淵電機製パワコン以外の場合は、別売の「みえるーぷストリングオプション」が必要です。

また新「みえるーぷ」では価格の刷新を行い、従来よりお求めやすい価格設定となっています。

・本体価格:248,000円(税抜、工事費、部材費別)
・年間システム利用料:25,000円(税抜、通信費込)

売電事業は、約20年間と長期に及ぶことが予想される事業です。事業者の皆さまが、発電設備から遠く離れた場所にあっても、常に安心して稼働状況を確認できるよう、新しい「みえるーぷ」のITシステムはクラウド上で継続的にバージョンアップを図ってまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Looop お客様サポートセンター
お電話でのお問い合せ:03-5802-6209(平日9:00–21:00)
HPからのお問い合せ:お問い合わせフォーム

一覧へ戻る