LOOOP

HOME  >  ニュース  > 

GE社製パワーコンディショナ日本初導入のお知らせ

2016.07.19

お知らせ

GE社製パワーコンディショナ日本初導入のお知らせ

株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、GEジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼CEO:熊谷昭彦、以下GE)のパワーコンディショナ”LV5”を、茨城県内の自社所有太陽光発電所において導入することを決定いたしました。

“LV5”に用いられた、パワーコンディショナへの入力電圧を直流1,500Vまで許容可能とする1,500V技術の実用は、国内の太陽光発電所で初となります。

【背景】
今後、多くの世界の太陽光プロジェクトが1,500V技術に基づき設計されてゆくものと予想されています。

従来の入力電圧を600V~1,000Vまでとしていたパワーコンディショナと比較して、入力電圧を1,500Vにまで引き上げられたパワーコンディショナを用いることで、1系列につなげられる太陽光発電モジュール数を多くすることができ、さらに接続箱やケーブル等の部材の数を減らすことができます。その結果、太陽光発電設備の初期およびランニングコストを低減することが可能です

Looopは固定価格買取制度に依存しない太陽光発電所の実現を目指し、今後もよりコストパフォーマンスが高く、かつ高効率、安定運用を可能とする発電所を、お客様に提案し続けます。1,500V技術を他社に先駆けて自社発電所に導入し、運用していくことによって、コスト削減の可能性、安定運用へ向けての信頼性を検証して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Looop お客様サポートセンター
お電話でのお問い合せ:03-5802-6209(平日9:00–18:00)
Webからのお問い合わせ:お問い合わせフォーム

一覧へ戻る