産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報

2016年の間に太陽光発電を導入するべきなのか

お役立ちコラム
COLUMN

太陽光発電 固定価格買取制度

2016年の間に太陽光発電を導入するべきなのか

かなりの規模で発電が行われるようになり、日本の電力量の中でも徐々にその割合を増やし始めた太陽光発電ですが、その魅力は個人でも比較的簡単に設置できる発電方法だということではないでしょうか。余った電気は売ることができる売電制度もありますが、単価は年々変動するもののため、その開始時期の検討は重要です。投資として考えた場合、早めに導入すべきなのか太陽光発電の売電価格について解説します。

太陽光発電の費用対効果の計算方法

太陽光発電の費用対効果を計算するには、売電単価と初期投資の費用が重要になります。発電できる電力はソーラーパネルのサイズ(面積)によって変わりますし、発電量が一定なら得られる収益は売電単価にかかってくるからです。太陽光発電の設置費用をいかに安く抑え、売電価格をいかに高くするかが太陽光発電で収益を上げる最大のポイントといえます。

2016年の売電単価と価格の決定背景

2016年度の売電単価は、住宅用で1kW当たり31円から33円、産業用で24円となっています。設置費用は住宅用で150万円から200万円程度、産業用で350万円から400万円といったところです。住宅用は10年間、産業用は20年間、契約を開始した年の売電価格で固定買い取りされますので、住宅用なら数十万円、産業用なら200万円近い利益が出る可能性があります。2016年度の売電価格は住宅用で31円から33円ですが、家庭で使用する電気代(買電)は18円から29円とかなり安くなっています。これは、普通であれば電力会社の設定している電気代と同じ料金で買い取ってもらうものですが、太陽光発電普及のために高い金額で購入するよう、国からの指示が電力会社に出ている背景があります。

売電制度が始まった当初、2010年の売電価格は48円、その後徐々に売電価格は下落しているものの、先に説明したとおり、2016年度の売電価格や初期費用は、まだまだ利益が狙えるものと言えるでしょう。もちろん価格を勝手に下げては普及が滞るため、毎年の購入費用や維持費などを考慮して、経済産業省の調達価格等算定委員会というところで議論して決めています。

今後、より普及が進むにつれて、太陽光発電システムの購入費用も年々下がり、導入設置のしやすさもより促進されることでしょう。これまで毎年売電単価を見直してきていましたが、それも2016年までとされており、今後は数年おきに売電価格の見直しをすることになっています。

2015年の売電単価と価格と今後の展望

2015年度の売電価格は住宅用で33円から35円で、2016年度は2円下がった31円から33円でした。産業用の売電価格が3円下がったことに比べると住宅用の下げ率は低かったことになります。これは住宅用の太陽光発電をさらに普及させたいという政府と業界の意図もあり、優遇された結果です。来年度の売電価格がいくらになるのかはまだ未確定ですが、現在は普及のための補助として比較的高い売電価格が設定されており、今後に関しては売電価格の変動が予測されます。

目安として2019年には通常の電気と同じくらいの売電価格まで下げる計画といわれていますが、それは企業のメガソーラーでの発電は別として、個人用の太陽光発電は今後、売電収益を得ることが主目的なのではなく、自己消費型のエコ発電システム社会へとシフトしていくことが期待されているためです。

現状は家庭用の太陽光発電は普及を促す考えから、来年度以降も優遇措置が続くことが予測され、値下げの影響は少ないと考えられます。設置した年度の売電価格で利益が決まるので、今太陽光発電を導入するか悩んでいる方は、優遇措置が適用されている2016年の内に導入を検討されることをおすすめします。

太陽光発電の売電制度にはタイムリミットがある

いかがだったでしょうか。太陽光発電は自宅の電気として使うこともできますが、現在は売電して利益を得るというメリットもあります。しかしあくまで普及を目的とした措置が適用されての売電単価のため、今後の売電価格の動向により導入検討を急ぐ必要もあるかもしれません。

今はまだまだ普及を促進しているため、しばらく大丈夫かもしれませんが、今後の予測がどうなるかわからない以上、設置導入を悩まれている方は2016年度の内に設置する方がお得かもしれませんね。太陽光発電の未来を決めるかもしれない売電価格に今後も注目していきましょう。

お問い合わせはこちら
03-4577-9001(土日祝除く 9:00〜18:00)
お問い合わせ後、詳細は担当者より折り返しご連絡いたします。
※お問い合わせ内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。