産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報

固定価格買取制度を上手に活用するにはどうしたらいいの?

お役立ちコラム
COLUMN

太陽光発電 固定価格買取制度

固定価格買取制度を上手に活用するにはどうしたらいいの?

太陽光発電でできた電気を売電することによって節約、もしくは資産運用をする予定でいるのであれば忘れてはならないのが、再生可能エネルギーの固定価格買取制度です。しかし、制度の具体的な内容についてはわからない人も少なくないでしょう。そこで、一体どのような制度なのか、太陽光発電との関係性についてまとめました。

固定価格買取制度とは?

固定価格買取制度とは、再生可能エネルギーによって発電した電気を、国で定められている価格で電力会社が一定期間買い取ることが保証されている助成制度のことを指します。再生可能エネルギーで発電した電気は基本的に、その全量が買い取りの対象になります。しかし、10kWに満たないような住宅用の太陽光発電である場合は、住宅で消費した電気を差し引いた余剰分のみが買い取り対象になるため、注意が必要です。

また、再生可能エネルギーであれば何でもいいというわけではない点についても注意が必要です。太陽光や風力、水力発電を筆頭に、地熱やバイオマスも含めた、計5種類のいずれかによる方法で、国で定められている条件を順守した設備で発電することによって初めて、固定価格買取制度の対象になるのです。なぜ、このような制度が設けられているかというと、建設にかかるコストを考えるとなかなか導入できなかった法人や個人が参入しやすくするためだと言えます。

固定価格買取制度が導入されてからは、実際に太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーの普及率は高まっています。

固定価格はどのように推移してきたの?

2012年7月にスタートした再生可能エネルギーの固定価格買取制度ですが、それから価格が毎年見直されています。ほかの再生可能エネルギーの買い取り価格に大きな変化は見られませんが、太陽光発電については大きな変化を遂げています。発電容量が10kW以上で、1kWh当たりの買い取り価格で見ていくと、それぞれに税金をプラスした形で、2012年の時点では40円、2014年は32円、2016年には24円と、年数が経つにつれて数円単位で低価格化が進んでいるのです。

なぜ毎年必ず買い取り価格が下落し続けているのかについては、太陽光発電の爆発的な普及と、発電設備導入にかかるコストの低下が考えられます。利益を得たいと考えた多くの企業が太陽光発電を設置、同時にソーラーパネルの販売に乗り出した企業も急激に増加したために、それぞれの価値が下がっているのでしょう。

旧制度である太陽光発電の余剰電力買取制度が始まった2009年11月から太陽光発電設備の導入量は増え始めてきましたが、固定価格買取制度の開始による影響で、2012年から2014年までは爆発的な増加を遂げました。それだけ、価格への影響も顕著に現れたのだと言えるでしょう。

今後はどのようになっていくの?

固定価格買取制度を上手に活用したいのなら、その特性と現状を理解するのが先決です。2012年から2014年にかけて、多くの企業が太陽光発電事業に参入してきましたが、普及率が増加したこと、固定価格買取制度で設定されている価格が下落していることを考えると、今後は設備を導入する企業の数が落ち着いてくると考えられます。

また、再生可能エネルギーの中で導入量が最も多くなった太陽光発電ですから、今後も下落し続けていく可能性は多いにあります。固定価格買取制度の全廃を決定したドイツの件も考慮すると、制度自体が変更される可能性もあるでしょう。しかし、太陽光発電設備の設置にかかるコストが下がったこと、ソーラーパネルの性能が高くなっていることを考えると、これからの導入でも十分に間に合います。

10kW以上の太陽光発電が保障されている買い取り期間は20年間ですから、買い取り価格が少しでも高めに設定されているうちに、性能が高い、かつ設置コストの低い太陽光発電設備を導入するのがベストでしょう。

お問い合わせはこちら
03-4577-9001(土日祝除く 9:00〜18:00)
お問い合わせ後、詳細は担当者より折り返しご連絡いたします。
※お問い合わせ内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。