産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報

太陽光発電は今後どうなっていくの?

お役立ちコラム
COLUMN

太陽光発電 太陽光発電とは

太陽光発電は今後どうなっていくの?

クリーンでエコなエネルギーとして政府が設置を推奨してきた太陽光発電も、今では多くの家庭や企業に普及しています。これまでさまざまな優遇制度などがありましたが、普及が進んだこれからの太陽光発電は、制度そのものが大きく変わってくるとも予想されています。すでに太陽光発電システムを導入している人も、またこれから導入を考えている人も、今後の太陽光発電がどうなっていくのか、できるかぎり注意して見ておきましょう。

年々下がる買い取り価格!太陽光発電も縮小傾向?

太陽光発電で生産された電力は、電力会社に買い取ってもらうことができます。その際の買い取り価格に関しては、再生利用エネルギー固定価格買取制度によって、単価が一定の額に設定されることになっています。かつて太陽光発電によって生産された電力は、かなり高い単価で取引されていました。それは太陽光発電を広く普及させようという政府の試みの一環で、高額の売電収入が期待できれば普及率も上昇するだろうと見込まれていたからです。

結果的にこうした取り組みが功を奏し、売電収入を目的として太陽光発電を導入する家庭や企業も増えていきました。今では以前に比べて多くの世帯に太陽光発電が普及しており、産業分野においてもシステムを導入している機関は少なくありません。

電力の買い取り価格を高く設定するのは、システムの普及を狙ってのことですから、普及が広がってきた近年においては、もはや買い取り価格を高い単価にしておく必要性はなくなってきています。そのため買い取り価格の規定額も年々下落傾向にあるのは事実です。しかし、だからといって太陽光発電そのものが縮小傾向にあるわけではありません。

設備の設置価格が下がりこれからが本番という声も!

かつて太陽光発電を設置するためには、高い費用を捻出しなければなりませんでした。太陽光発電システムそのものがまだ珍しい時代においては、設置コストの問題で導入を断念する人も少なくなかったのです。だからこそ、買い取り価格を高額にしてシステムを導入する旨みを提供し、太陽光発電そのものの普及をはかってきました。

しかし最近では安価に導入できる太陽光発電も一般に普及しており、設置コストを節約しながら導入できるシステムがすでに構築されています。つまり買い取り価格が下がっている一方で、太陽光発電システムを設置しやすい環境が整ってきているということです。これから先は買い取り価格が下がってくると予想されます。

しかし設備の設置価格もそれに合わせて下がってきているので、これからが設備導入の本番だという声も上がっています。太陽光発電を設置する際には、設備の導入にかかるコストと、電力の買い取り価格の動きとをよく照らし合わせて考える必要があるといえるでしょう。

太陽光発電が今後伸びていくための条件は?

太陽光発電の売電単価は国の思惑やそのときの発電状況などの影響を大きく受けます。たとえば、原子力発電の安全性の問題や、化石燃料の枯渇の懸念など、自然エネルギー分野への期待が高まるほどに、太陽光発電のようなクリーンなエネルギーへの注目は高まる傾向にあります。

また、地球温暖化の問題や環境保全の必要性なども考えれば、官民あげての自然エネルギーの導入は必要不可欠な課題にもなっています。太陽光発電は確かに各方面で普及が進んでいるものの、まだまだ広く導入がなされているわけではありません。実際、太陽光発電を設置する際は、自治体から補助金等を受けることもできます。太陽光発電が今後も伸びていくためには、官民合わせての取り組みが必要になってくるでしょう。

たとえ買い取り価格は下がったとしても、エコロジーの側面や節電の効果などを考えれば、太陽光発電のメリットは決して小さなものではありません。クリーンなエネルギーへの期待値がどんどん高まっている時代でもあるため、今後もまだまだ太陽光発電は伸びていくだろうと考えられています。

お問い合わせはこちら
03-4577-9001(土日祝除く 9:00〜18:00)
お問い合わせ後、詳細は担当者より折り返しご連絡いたします。
※お問い合わせ内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。