LOOOP

HOME  >  ニュース  > 

Looop がフィリピン国内の新聞2紙で紹介されました。

2014.02.19

メディア掲載

Looop がフィリピン国内の新聞2紙で紹介されました。

株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下 Looop)は、2014年2月1日から3日の間、ヨランダ台風の被害にあったフィリピンの被災地を訪れ独立型ソーラー発電セット、ソーラー・ランタン、ソーラー式ライトの寄贈と支援活動を行いました。
この寄贈ならびに活動が、フィリピン国内の新聞Sun. Star Bacolod紙とThe Visayan Daily Star紙の2紙で紹介されました。

今後も Looop は再生可能エネルギーの技術を生かして社会貢献活動に積極的に取り組んでまいります。

■Sun. Star Bacolod紙 2014年2月3日4面
『トップ・ストーリー: 太陽光発電のLooop』
日本を拠点とする太陽光発電システムの開発会社であるLooopがヨランダ台風被災地のモロカボへ寄付を行った。Looop社長の中村創一郎氏とネグロス日本開発のエレノア福田氏から Alfredo Maranon市長とAntonio Pasaylo村長氏へ、太陽光発電設備の引き渡しが行われた。

■The Visayan Daily Star紙 2014年2月3日7面
『日本企業、モロボカへ太陽光発電を寄贈』
昨日、日本の企業からヨランダ台風被災地であるサガイ市モロボカ、バランガイへ独立型の太陽光発電システムの寄贈が行われた。(中略)Looopボランティアメンバー等は太陽光発電の利点を生かし、笑顔を見ることができたことを幸運に思うと語った。

Looopのボランティア活動について詳しくは下記のページをご覧ください。
Looopのフィリピン ヨランダ台風被災地への寄贈および支援活動について

Sun. Star Bacolod紙
The Visayan Daily Star紙

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Looop お客様サポートセンター
お電話でのお問い合せ:03-5802-6209(平日9:00–21:00)
HPからのお問い合せ:お問い合わせフォーム

一覧へ戻る