産業用製品
住宅用製品
ニュース
お役立ち情報
お問い合わせ 販売代理店募集中
卒FIT

2009年以降、
太陽光発電で売電をしている皆様!

ご注意!
「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」での買取期間
2019年11月より順次満了していきます。
満了すると電力会社の買取義務がなくなり
買電単価が大幅に下がります。
この機会にしっかりご検討ください。

買取期間満了後の選択肢

買取期間が終了した電源については、法律に基づく電力会社の買取義務はなくなりますが、
①自家消費 または ②相対・自由契約で余剰電力を売電することが可能です。

①自家消費
自家消費の解説図
蓄電池や電気自動車と組み合わせて自家消費
②相対・自由契約
自家消費の解説図
Looop、TEPCOなど余剰電力の売電先選定

発電した電気は使ったほうが断然経済的(自家消費)

卒FITの自家消費 電気料金比較

上記①と②では経済性に20円/kWhも差が出てきてしまうので、発電した電気は使う・ためるが重要になります。
発電した電気を使いきれないとせっかく発電したエネルギーが無駄になってしまいますので、蓄電池の導入を検討するのも一つの方法です。
また、満了する前に、余剰分の売電先を決めておくと安心です。

自家消費するうえで検討するべき3点

POINT1

蓄電池の必要性検討

生活スタイルを変えずに朝晩の電気使用量を減らすことができる。
災害時、緊急時の備えが可能。
※専門家によるアドバイスも時には必要となります。Looopでは専門的なアドバイスも可能です。

POINT2

蓄電池の購入時期・最適な蓄電容量・メーカーの選定

買取期間満了時には設置完了が望ましいです。
費用対効果の高い、手間のかからない蓄電池を選びましょう。
Looopでんちはハイブリッドパワコン付きのため、現在設置されているパワコンを交換します。

Looopでんちページへ

卒FITの自家消費 電気料金比較

※他社関連製品の小売希望価格をkWh相当に換算

POINT3

パワコン入替対応(故障時)

パワーコンディショナ—の寿命は10年前後といわれていますので備えておきましょう。

パワーコンディショナー

災害時には備蓄電源として

近年大きな自然災害が増え、激甚災害という言葉も目に付くようになりました。
蓄電池は停電時の備えとしても非常に有効な対策となります。

大きな被害をもたらした2018年の自然災害

防災グッズ
  • 6月大阪府北部地震
  • 7月西日本豪雨
  • 8月台風21号
  • 9月北海道胆振東部地震
  • 10月台風24号

余剰電力の売電先と売電単価

近年大きな自然災害が増え、激甚災害という言葉も目に付くようになりました。
蓄電池は停電時の備えとしても非常に有効な対策となります。

LooopFITはこちら

販売代理店募集中 販売会社様、施工会社様など、
お気軽にお問い合わせください